女流祝い獅子舞


お正月やお祝いイベントをさらに進化させた「梅の会」の獅子舞をどうぞお楽しみください。

 

「梅の会」の獅子舞は、一人獅子。

愉快な動きをするヒョットコという道化者と一緒に登場します。

獅子舞の最後には、おめでたい言葉で締めくくります。

 

お獅子さんに頭を咬んでもらうと、その一年は穏やかに過ごすことができるという言い伝えもあります。

 

現在では、安産や合格祈願、無病息災といった願いを託すことも多くあります。

 

言葉や文化を超えたコミュニケーションが可能なので、外国の方にも大変人気があります。

 

たのしい日本の獅子舞「梅の会」

 


「梅の会」の獅子舞は女性二人組。

設立は1995年。

息の合った獅子舞をご覧ください。

(控室をご用意ください)

 

たのしい獅子舞

「梅の会」の獅子舞は、ストーリー仕立てです。

蝶がとんできたり、獅子が途中でおやつを食べ始めたり、、、。

上演が終わると、「お獅子さん、かわいい。」「一緒に写真とりたい。」と声がかかることがほとんどです。

練り歩きだけのグリーティングも可能です。(20~40分を一回の目安にして下さい)

 

お祝い事や賑やかし、外国人対応も。

保育・幼稚園・高齢者施設・入学・結婚・誕生日・レクリエーション・厄払い・子授け・安産・良縁・記念日・ハプニング・日本の大衆芸能・インバウンド・七五三・テレビ出演・初売り・取材・撮影・動画資料・オープニングなど。